useとutilizeの違い

何かを「使う/用いる」ことを表現するためにまず思い当たる英単語はuseかと思いますが,近い意味合いでutilizeを使っている文章を見かけることもしばしばあります.本によっては”useと同じ意味で,よりフォーマルな語”と説明されていることもあります.

しかし,Oxford Dictionalyにあるutilizeの項では

Make practical and effective use of.

と定義されています.useが「使う」の意味でほぼあらゆる状況に対応できるのに対し,utilizeは本来の使い途とは異なる用法で何かを使う場合に適切な選択となります.転用や活用の含みが入っていると言えそうです.

とあるフォーラムのコメントでは

Utilize is shunned in most literary circles because it is one of the most misused words in the English language and it is frequently used to make the author seem more knowledgeable

“Utilizeは書き手が自らをより博識に見せようとするためにもっとも頻繁に誤用される英単語の一つなので…”

などとあり手厳しいです.私もある人が”useの言い換えでutilizeを使うのは間違い”と言っていたのを聞いて調べるまでは何となく高級そうな印象から誤用していました.

論文中で「実験装置として***を使った」と述べたいときはutilizeよりもuseの方が適切な場合が多いかと思います.言い換える表現としてはemployが候補になります.あるいは装置を主語にして能動態を用いた方が上手く書けることもあります.このときはmake, give, provide, serveあたりを述語にするとうまくいくことがある気がしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA