開発元が確認できないアプリケーションの実行を許可する方法

Mac OSには開発元の確認がされていないアプリケーションの起動を妨げる機能があり,Gatekeeperと呼ばれています.Gatekeeperによって起動できなかったアプリケーションは,System Preferences->Security & PrivacyのGeneralタブから個別に起動を許可することができます.かつてはGatekeeperのオプションとしてAllow apps downloaded from anywhereが選択できたのですが,いつからかその項目が表示されなくなりました.

開発元が確認できないアプリケーションでも実行可能な状態にするためには,ターミナルで

sudo spctl –master-disable

とします.これでSystem Preferences->Security & PrivacyのGeneralタブにAnywhereが追加されます.Anywhereを選択不可な状態に戻すには

sudo spctl –master-enable

とします.

spctlコマンドの詳細はOS X Man Pagesで説明されています.spctlを使うとアプリケーションの入手元を調べることもでき,例えば

spctl -av /Applications/Automator.app/

とすると

/Applications/Automator.app/: accepted

source=Apple System

override=security disabled

というような出力を得て,AutomatorがAppleのシステム標準アプリケーションであることがわかります.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA